saved
Request for Proposal
Status: RFP is Open

酸素安定同位体(¹⁸O)の新規アプリケーション

Request Number
RFP_2018_3931
Due Date
Jan 30
Program Manager

提案者にとっての機会
共同研究/開発
期間
提案内容により、応相談
予算
必要な研究開発費を負担。詳細は応相談

提案方法
この募集ページのRespondボタンをクリックし、アカウント作成の上、フォームに入力をお願い致します。作成中は下書き(Draft)が自動保存されますので、Control Centerからいつでも作業再開が可能です。なお、機密情報は入力されないようご注意ください
問い合わせ先
不明点等ございましたら右記までお気軽にお問い合わせください:phd2@ninesigma.com
よくある質問: http://ninesigma.co.jp/faq/

RFP Title

 

酸素安定同位体(¹⁸O)の新規アプリケーション
RFP Description

ナインシグマは、三菱ケミカルホールディングスグループの大陽日酸株式会社(https://www.tn-sanso.co.jp/jp/index.html)を代理して、同社が開発したに酸素安定同位体(¹⁸O)の新規アプリケーションへの適用における共同研究・開発パートナーを求めています。

現在、PET診断薬の原料として、同安定体を供給しているが、技術の用途展開の可能性を追求すべく、異分野も含めて、幅広く新規アプリケーションに関するアイデアを募ることとしました。

大陽日酸社の酸素安定同位体について

大陽日酸社は、主要ながん診断手法であるPET診断薬の原料として酸素安定同位体を世界中に提供している世界最大の酸素同位体メーカーです。

同社は、独自の酸素安定同位体(¹⁸O)分離技術を確立し、高品質の安定同位体を高濃縮で提供できる強みを有しています。

紹介技術の詳細:

https://stableisotope.tn-sanso.co.jp/Stableisotope_Products/Stableisotope/OXYGEN-18O/index.html

Key Success Criteria

期待するパートナー組織と想定用途

以下のいずれかを満たす組織との協業に期待をしております。

  • がん診断への利用以外に、酸素安定同位体を適用可能な新規アプリケーションに関するアイデアをお持ちのアカデミア・企業
  • 自社のビジネスへの酸素安定同位体の導入を希望する企業

例えば、以下の用途に活用できると考えておりますが、これらに限りません。

  • 診断薬開発
  • 医薬品開発
  • 材料開発(ex. 燃料電池材料)
  • 環境評価(ex. 水質評価、地質評価)
Items to be Submitted

プロジェクトの進め方

今回のパートナー募集にご興味ある組織は、ナインシグマ社のオープンイノベーションコミュニティ、NineSights にて提案をご提案ください。Ninesightsでは、提案草案の一時保存や過去の履歴などを一元管理いただけます。ご登録や提案提出に際しての不明点は弊社ヘルプデスク PhD2@ninesigma.com までお問合わせください。また、提案書の作成が難しい場合は、協業の意思をヘルプデスクまでご連絡ください。進め方をご相談させていただきます。

  • 貴組織の概要
  • 適用するアプリケーション
  • 上記アプリケーションへ酸素安定同位体を用いる理由ならびにメリット・新規性
  • 使用する酸素安定同位体の仕様
  • 想定される事業規模(企業からのご提案の場合のみお教え下さい)
  • 期待できる波及効果
  • パートナー(大陽日酸株式会社)に期待する事項・役割 (費用負担以外)

本件の依頼主は、頂いた情報を元に提案者の1次スクリーニングを行い、興味をもった提案者に直接コンタクト致します。協業の形態等の詳細は、依頼主と提案者で協議の上、ご検討いただくこととなります。

Preferred Collaboration Types
Area of Interest