saved
Request for Proposal
Status: RFP is Closed

ナインシグマ・リアルテック・ピッチ2018 -次世代の環境包装材・パッケージング-

Request Number
RFP_2018_3929
Due Date
Mar 4

ナインシグマ・リアルテック・ピッチとは

次世代の環境包装材・パッケージングをテーマとして、日本の大手メーカーと協業可能性のある先進的な技術や事業提案を全世界から募集します。

詳細は下記ウエブサイトをご覧ください。

https://ninesigma.co.jp/pitch/jp/

 

スポンサー企業

 ・アサヒ飲料株式会社

・三井化学東セロ株式会社

・凸版印刷株式会社

 

提案者にとっての機会

新規ビジネス創出や社会課題解決に積極的に取り組む日本の大手企業の意思決定層にダイレクトにアピールし、協業可能性を拓く機会を得ることができます。

 

提案方法

  1. 添付の提案テンプレートに沿って、提案内容などの必要事項をご記入ください。その後、ファイルを添付ください。記入箇所・分量は添付の記入例も参考にしてください。なお、機密情報は入力されないようご注意ください
  2. この募集ページのRespondボタンをクリックし、アカウント作成の上、会社概要などをフォームに入力をお願い致します。作成中は下書き(Draft)が自動保存されますので、Control Centerからいつでも作業再開が可能です
  3. 必要に応じて会社紹介資料などの添付資料を追加することも可能です

  

問い合わせ先

不明点等ございましたら右記までお気軽にお問い合わせください: phd2@ninesigma.com

RFP was closed on
Mar 2019

RFP Title

 

ナインシグマ・リアルテック・ピッチ2018 -次世代の環境包装材・パッケージング-
RFP Description

ナインシグマは、包装材料やパッケージング分野を事業とする石油化学企業やラベリング企業、フィルム企業、包装容器を使用する食品や医薬品企業など、日本の大手メーカーと協業可能性のある、低環境負荷の包装・パッケージングに関連する先進的な技術や事業提案を全世界から募集します。

Key Success Criteria

本募集で求める要件

低環境負荷をキーワードに、パッケージングに関する提案を幅広く受け付けます。

プラスチック原料や製法、フィルム製造、パッケージデザインなど、既存技術の性能やコストを大きく向上させる提案だけでなく、既存概念を覆し、パッケージング分野のパラダイムシフトになりうるアイディアや技術、事業スキームの提案にも期待しています。

 

以下のような技術例を想定していますがこれらに限らず、スポンサー企業が想定していない、パラダイム・シフトになりうる革新的な技術提案・事業スキームの協業提案もお待ちしています。

  • 既存技術を大きく向上させる技術
    • 基材からラミネート層を既存技術よりも容易に剥離する技術
    • 従来よりも低コストで大量生産可能なバイオマス技術や植物由来プラスチック技術
    • 二軸延伸性やブロー成形性などの性能が既存技術と同レベルまで向上させた生分解性プラスチック
  • 次世代に向けた革新的提案
    • 単一素材(モノマテリアル)による次世代パッケージング技術
    • プラスチックの色をリサイクル時に脱色可能な技術
    • ポリオレフィン等のフィルム表面へのアルミ蒸着、透明蒸着を代替するガスバリア技術
    • プラスチックリサイクルに関連する先進技術
    • 環境対応に貢献する新たなプラスチック代替材料

 

 

提案を期待する組織のイメージ

  • Disruptiveな技術、アイデアを提案できること
  • 大手企業との協業に前向きであること

 

 

スポンサー企業から提供可能性のある資産

提案者はスポンサー企業との協業に際し、スポンサーが保有する下記資産を活用できる可能性があります。

  • 巨大なフィルム生産設備
  • フィルム・シート製造技術の適用
  • 世界数十カ国に渡る販売網
  • 出資による提携
  • パッケージングの試作・評価試験設備

 

 

背景

包装材などのパッケージの材料であるプラスチックによる環境への影響は長年議論されています。近年では、mm以下のサイズの微小なプラスチック片が河川や海洋を漂うことによる、魚介や海鳥、ヒトへの健康被害が懸念されています。包装材料やパッケージング分野の企業や研究組織はこれらに対応すべく3R: Reduce-Reuse-Recycleや生分解性プラスチックなどのアプローチで研究開発を進めています。

しかし、「ものの価値や状態を維持する」という本来の目的に立ち返り、既存技術の性能向上だけではなく、そもそものパッケージングの既成概念を変え、保存・保護・情報ラベリング・物流などの様式まで変えうるパラダイムシフト的なアプローチも念頭に入れた、次世代のパッケージングも議論されはじめています。

今回、幅広いチャネルや高品質な生産技術などの資産をもつ大手スポンサー企業との連携により、環境負荷社会の実現を促進し生活様式まで変えうる、既存のパッケージング概念にとらわれない、先進的な技術や事業スキームを持つ有望なスタートアップ組織をグローバルに募集します。

 

 

提案書への記載が推奨される事項

添付の提案用テンプレートに沿って、下記の項目について、簡潔な記載をお願いいたします。記入箇所・分量は添付の記入例も参考にしてください。

  • 提案概要
  • 提案の新規性(競合もしくは既存とどのように差別化されているか、可能な限り定量的、具体的に記載)
  • 現時点の性能、現時点で実現可能なこと
  • 提案者から提供可能な事柄(技術、アイディアなど)
  • スポンサー企業へ期待する事柄
  • スポンサー企業との協業時に想定する用途・事業
  • 希望する協業の形

 

更に、提案用フォームの項目に沿って、下記の項目について、簡潔な記載をお願いいたします。

  • 組織概要

 弊社のオープンイノベーションコミュニティNineSightsにて提案を提出いただくことで、提案履歴などを一元管理いただけます。ご登録や提案提出に際しての不明点は弊社ヘルプデスク phd2@ninesigma.com までお問合わせください。

 

 

提案作成時の注意事項

簡潔に要点を絞って提案内容を記載ください。必要に応じて会社紹介資料などの添付資料を追加することも可能です。ただし、機密情報を含まないようご注意ください。

 

 

想定されるプロジェクトの進め方

始めに書面による一次スクリーニングを行います。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考プレゼンテーション(オンライン・ピッチ)に進む候補を選定します。選定後、オンライン・ピッチにてスポンサー企業に応募内容のプレゼンテーションを行います。

ピッチ選考にてスポンサー企業から選定された組織は、選定したスポンサー企業との個別面談に進み、事業化に向けて議論していただきます。

 

 

提案の評価基準

Disruptiveな技術、アイデアを提案できること

  • 顧客の期待や意識に大きな変化をもたらすもの
  • 新たなビジネスモデルや市場を創出しうるもの
  • 既存技術における価格や生産上のハードルを低減させることにより、新たな顧 客層を創出するもの

 

提案する技術・アイデアの完成度は問いませんが、スポンサー企業の事業や戦略との親和性、タイムラインも考慮されます

    Preferred Collaboration Types
    Area of Interest