saved
Request for Proposal
Status: RFP is Closed

血糖値上昇または肥満を抑制する食品素材

Request Number
RFP_2018_3752
Due Date
Aug 5
Program Manager

提案者にとっての機会

共同・受託開発、ライセンシング、原料供給

期間

フェーズ 1:パートナー選定 1年以内

フェーズ 2:量産化検討 2年以内(フェーズ1終了後)

予算

共同開発のための予算は確保済み(提案内容に応じて応相談)

提案方法

  • この募集ページのRespondボタンをクリックし、アカウント作成の上、フォームに入力をお願い致します。作成中は下書き(Draft)が自動保存されますので、Control Centerからいつでも作業再開が可能です。なお、機密情報は入力されないようご注意ください
  • 必要に応じてWordファイルでの追加情報の記入も可能です(記入用シートはこちら
  • この募集要項のPDFファイルはこちらからダウンロード可能です

問い合わせ先

不明点等ございましたら右記までお気軽にお問い合わせください: phd2@ninesigma.com

RFP was closed on
Aug 2018

RFP Title

 

血糖値上昇または肥満を抑制する食品素材
RFP Description

提案募集概要

ナインシグマ社は、売り上げ兆円規模のグローバ ルな飲料メーカーを代理して、食後の血糖値上昇 または肥満を抑制する食品素材を求めている。 具体的には以下の 2タイプのいずれかに該当する 素材を求めている。 (1) 食後の血糖値上昇または肥満を抑制するコー ヒー由来成分 (2) 血糖値上昇を抑制する食品素材/食品添加物

Key Success Criteria

求める成分の要件

(1)食後の血糖値上昇または肥満を抑制するコー ヒー由来成分

  • 原料がコーヒー(生豆、焙煎豆、チェリー、 抽出液等)または、コーヒー豆等に特殊な処 理を施したものであること
    • ただし、クロロゲン酸は対象外とする
  • 以下のいずれかの方法で、食後の血糖値上昇 または肥満を抑制する根拠が示せること
    • 伝承的知識
      • 例:「●●地方のコーヒーは肥満対 策として飲用されている」という情 報
    • In vitro評価
    • In vivo評価
    • ヒト試験

(2)血糖値上昇を抑制する食品素材/食品添加物

  • 以下のいずれかの試験で、血糖値上昇を抑制 する効果が証明されていること
    • In vitro評価:以下のいずれか
      • DPP-4(dipeptidyl peptidase-4)阻害
      • AMPK(AMP-activated protein kinase) 活性 化
    • In vivo評価(動物)
    • ヒト試験
  • 安全性データや認証はあれば好ましいが、必 須ではない
  • 活性成分が特定されていれば好ましいが、必 須ではない

 

背景

現在、糖尿病患者や肥満の増加が世界各国で医療 費増大などの社会問題となっており、その予防の ため、食後血糖値上昇や肥満の抑制技術の重要性 が高まっている。依頼主は画期的な健康飲料を開 発するため、従来成分よりもさらに効果的に血糖 値上昇や肥満を抑制する新成分を求めている。 そこで、依頼主は世界中から有力なパートナーを 見出し、健康飲料の開発を加速する為、技術募集 を行うこととした。

 

提案の評価基準

受領した提案に対する評価は、すべて依頼主が 行います。提案内容は以下の観点から評価され ます。

  • 提案する技術の概要、パフォーマンス
  • 目標スペックを実現するための開発計画と実現の根拠
  • 経済的実現可能性
  • 目標スペックを実現するための提案計画の現実性(活動内容、期間、役割、成果、費用見積り額)
  • 所有権の可能性(独占権、優先権など)
  • 関連実績など、提案組織の実

 

提案作成時の注意事項

簡潔に要点を絞って提案内容を記載ください。 必要に応じて添付資料を追加することも可能で す。 また、機密情報を含まないようご注意ください。 提案提出後、依頼主による選考を経て有望と判断 された場合、必要に応じて依頼主との間で秘密保 持誓約書を交わし、技術や協業条件についての詳 細を直接議論いただくこととなります。

 

想定されるプロジェクトの進め方

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニン グを行います。その後、有望な提案に対して追加 質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を 選定します。選定後、依頼主は、サンプルテスト などを通して、技術の確認を行います。選考の過 程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契 約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的 な開発の進め方の議論を行います。 その後、提案者と必要な契約を提携し、技術の実 証・追加開発などを行い、技術の確立を目指して いただきます。具体的な協業体制については協議 の上決定いただくこととなります。

Preferred Collaboration Types
Area of Interest