requests-for-proposal

超高速回転体向け非接触軸受またはシールの開発パートナー

Request Number REQ6371855J
Due Date April 6, 2018
Request for Proposal Details
RFP Title
超高速回転体向け非接触軸受またはシールの開発パートナー
RFP Description

ナインシグマ社は、大手機械メーカーを代理して、オイルフリー環境で高速回転体を支持する非接触軸受またはシールを求めている

Background

背景

モーターなどの回転機械の小型化・高効率化のためには、非接触軸受・シールを利用した超高速回転駆動が有効である。これらの装置のさらなる高性能化への産業界からの期待は大きく、ますますの超高速化が求められると同時に非接触軸受・シールへ要求される性能も高くなっている。ナインシグマの依頼主は、超高速回転する機械の開発に取り組んでいるが、それに対応可能な非接触軸受・シールを獲得できていない。そのため、本技術募集を実施することとした。

 

Key Success Criteria

軸受とシール技術のどちらか一方の提案でも歓迎する。なお依頼主は、協業先として選ばれた組織に対して、必要に応じて開発協力、生産能力の提供などを行う用意がある。

 

実現を目指す非接触軸受

  • オイルフリー環境下で使用可能であること
  • 最高回転数:20万rpm
  • 耐荷重(最高回転数のとき、いずれかを満たすこと):
    • ラジアル力:70 N以上
    • スラスト力:50 N以上
  • 支持するシャフトのサイズ
    • ラジアル:φ8~12 mm
  • 軸ブレに対して減衰効果があることが望ましい
  • 求める軸受の種類と使い途:
    • 使い途1:試験装置用
      • 軸受の種類:
        • 磁気軸受(補機・制御技術とセットであること)
        • 気体軸受(静圧もしくは動圧を問わない。静圧の場合は圧送技術とセットであること)
        • その他新規機構に基づいた軸受
      • 補機の要否:問わない
    • 使い途2:量産機用
      • 軸受の種類:
        • 気体軸受
        • その他新規機構に基づいた軸受
      • 補機の要否:否

実現を目指す非接触シール

  • オイルフリー環境下で使用可能であること
  • 許容漏れ量の目標値:7×10-6 m3/s
    • 想定する使用条件
      • 最大回転数:10万rpm以上
      • シール前後差圧:0.8MPa程度
  • 支持するシャフトのサイズ:φ8~12 mm
  • 求める非接触シールの種類:
    • ラビリンスシール
    • マイクログルーブシール
    • メカニカルシール
    • その他上記目標を満たす非接触シール

軸受とシール技術のどちらか一方の提案でも歓迎する。また、半年以内の追加開発により要件達成の見込みがあればよい。

 

 

Possible Approaches

例えば以下のようなアプローチを想定しているが、必ずしもこれらに限らない。

  • 磁気軸受
  • 気体軸受(静圧軸受、動圧軸受)
    • 振動減衰機構の採用
  • 非接触シール
    • ラビリンスシール
    • マイクログルーブシール
    • メカニカルシール
  • その他新規機構に基づく非接触式軸受・シール

期待する協業パートナー

以下のような組織との協業に期待している。

  • 半年程度で試作品を提供可能な企業
    • 2018年8月1日までに対応できると望ましい
    • 試作品は10個程度提供できるとなおよい
  • 量産能力については問わない

 

 

Approaches not of interest

対象外のアプローチ

下記の技術は今回の公募の対象外とする。

  • コンセプトレベル段階の技術
  • 潤滑油を使用する軸受・シール

 

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Contract Research
  • Technology Licensing
Items to be submitted

提案書への記載が推奨される事項

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。

  • 提案する技術の概要(原理、特徴、構成)
  • 提案技術分類(磁気軸受、気体軸受、その他)
  • 開発ステージ(ラボレベルで性能を実証済み/プロトタイプ開発済み/実用化済み)
  • 現時点の性能
    • 非接触軸受の場合
      • 最大許容回転数
      • 耐荷重(ラジアル、スラスト)
      • 軸受のサイズ
      • 付帯設備(補機、静圧機構など)を使用する場合、そのサイズ
    • 非接触シールの場合
      • 漏れ量および使用圧力
      • 最大許容回転数
      • 許容軸ブレ量
      • シールサイズ、内径
  • 現時点の課題と今後の開発プラン
  • 開発および試作品提供にかかる費用・条件(サンプルの完成度、提供数、費用、期間、契約条件など)

 

想定されるプロジェクトの進め方

提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニングを行う。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を選定する。選定後、依頼主は、サンプルテストなどを通して、技術の確認を行う。選考の過程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的な開発の進め方の議論を行う。

その後、提案者と必要な契約を提携し、技術の実証・追加開発を行い、技術の確立を目指す。具体的な協業体制については協議の上決定する。

 

Area of Interest
Request Priority
Comments