requests-for-proposal

ハニカム構造体上面への粉体堆積抑制技術

Request Number REQ1373723J
Due Date May 9, 2018
Request for Proposal Details
RFP Title
ハニカム構造体上面への粉体堆積抑制技術
RFP Description

ナインシグマ社は、大手エンジニアリング会社を代理し、高温雰囲気下にてハニカム構造体の上面に堆積する粉体を除去できる、もしくは上面への粉体堆積を抑制できる機構やシステムを求めている。現時点で低温(常温)条件下でしか適用できないものであっても、潜在的に高温雰囲気下への適用可能性があれば、広く提案を歓迎する。

Background

背景

ナインシグマの依頼主である大手エンジニアリング会社は、高濃度の粉体を含む高温ガスをハニカム構造体に通過させて反応を行うプロセスの開発を行っている。その際、99%以上の粉体はハニカム構造体の目開きを高温ガスとともに通過していくが、一部は上面に堆積してしまう。

 

この堆積した粉体が成長すると、ハニカムの目開きが詰まり、圧力損失の上昇につながってしまうため、堆積した粉体を除去できる技術、もしくはそもそも粉体の堆積を抑制できる技術が必要となっている。

 

依頼主の方でも、定置式のエアーノズルを用いる方法を検討したことがあるものの、一部の面にしか効果がなく、別の方法が必要と考えており、今回の募集を行うこととした。

 

Key Success Criteria

依頼主側の課題

高濃度の粉体(約50 g/Nm3)を含む200℃以上の高温ガスがハニカム構造体を通過する際、一部が構造体の上面に堆積する(下図参照)

 

粉体堆積前 粉体堆積後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ハニカム構造体の詳細
    • 上面積:5m×5m
    • 目開き:10mm×10mm
  • 粉体の詳細
    • 粒径:10μm
    • 真比重:約3 g/cm3
    • メリケン粉のような感じで粘着性なし(ハニカム構造体上面に付着した粉体に、別の粉体が付着し成長していると推定)
    • 粉体堆積速度:通常 1 kg/hr・m2程度だが、週1~2回程度、突発的に5 kg/hr・m2 程度となることがある

 

今回の募集で求めている機構やシステム

  • 上記のようなハニカム構造体の上面に堆積する粉体を除去・吸引できること。もしくはハニカム構造体上面への粉体の堆積を抑制できること
    • 5m×5mの全面に適用可能であること
    • 設備の運転(高濃度の粉体を含む200℃以上の高温ガスをハニカム構造体に通過させる)を停止せずに対応できるものが望ましい
  • なるべくコンパクトなものであること
  • シンプルな機構であるものが望ましいが、可動部・駆動部を有するものでも構わない

 

なお、現時点で低温(常温)条件下でしか適用できないものであっても、潜在的に高温雰囲気下への適用可能性があれば、広く提案を歓迎する。

 

Possible Approaches

可能なアプローチ

例えば以下のような機構やシステムを想定しているが、これらに限らず、幅広い提案に期待する

  • ハニカム構造体の上面に堆積する粉体の除去・吸引
    • ハニカム構造体上面全面をカバー可能な可動式のエアーノズルやブラシ
  • ハニカム構造体上面への粉体堆積の抑制
    • ハニカム構造体を振動させ粉体堆積を抑制させる
    • ハニカム構造体表面などの電荷制御技術
      • ハニカム構造体そのものを帯電
      • ハニカム構造体に、帯電させた網などを設置

 

Approaches not of interest

対象外のアプローチ

下記のような技術は今回の公募の対象外とする。

  • 粉体付着防止を目的とした、ハニカム構造体の表面処理技術

 

想定されるプロジェクトの進め方

提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニングを行う。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を選定する。選定後、依頼主は、サンプルテストなどを通して、技術の確認を行う。選考の過程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的な開発の進め方の議論を行う。

その後、提案者と必要な契約を提携し、技術の実証・追加開発を行い、技術の確立を目指す。具体的な協業体制については協議の上決定する。

 

Preferred Collaboration types
Items to be submitted

提案書への記載が推奨される事項

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。

  • 提案する技術の種類(堆積した粉体の除去・吸引技術/粉体の堆積抑制技術/その他)
  • 提案する技術の概要(原理、装置構成)
  • 提案する技術の独自性
  • 提案する技術の適用実績
  • 開発ステージ(コンセプトレベル/プロトタイプ開発済み/製品化済み)
  • 依頼主が求める技術を実現するために解決すべき課題とその開発計画
  • 知的財産権の取扱いまたは提案
  • 過去の実績(カタログ、論文、特許等)

 

なお、提案提出には提案用テンプレートをご利用ください。

 

Area of Interest
Request Priority
Comments