requests-for-proposal

血糖値上昇を抑制する茶由来の成分

Request Number REQ4350590J
Due Date October 27, 2017
Request for Proposal Details
RFP Title
血糖値上昇を抑制する茶由来の成分
RFP Description

ナインシグマ社は、売り上げ兆円規模のグローバルな飲料メーカーを代理して、血糖値上昇を抑制する茶由来の成分や素材を求めている。 血糖値上昇を抑制することがわかっていれば、有効成分が特定されていなくとも提案を歓迎する。

Background

現在、糖尿病患者の増加が世界各国で社会問題化しており、その予防のため、食後血糖値の上昇抑制技術の重要性が高まっている。依頼主は画期的な健康飲料を開発するため、従来成分よりもさらに効果的に血糖値上昇を抑制する新成分を求めている。

そこで、依頼主は世界中から有力なパートナーを見出し、健康飲料の開発を加速する為、技術募集を行うこととした。

 

Key Success Criteria

求める技術の要件

  • 以下のいずれかの試験で、血糖値上昇を抑制する効果が証明されていること
    • In vitro評価:例えば下記の5評価系
      • α-グルコシダーゼ阻害
      • DPP-4(dipeptidyl peptidase-4)阻害
      • GLP-1(glucagon-like peptide 1)分泌促進
      • SGLT2(sodium-glucose contransporter2)阻害
      • GLUT4(glucose transporter type 4)活性化
    • In vivo評価
    • ヒト試験
    • 伝承的知識
  • カメリア・シネンシスまたは、その類縁の茶に由来する成分または素材等であること(緑茶、紅茶、ウーロン茶等)

提案技術は単一成分である必要はなく、混合物、茶種、茶の分画物であっても良い。

なお、カテキン単成分は対象としないが、混合物等の場合にはカテキンを含んでいても良い。

 

想定されるプロジェクトの進め方

提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニングを行う。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を選定する。選定後、依頼主は、サンプルテストなどを通して、技術の確認を行う。選考の過程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的な開発の進め方の議論を行う。

その後、提案者と必要な契約を提携し、技術の実証・追加開発を行い、技術の確立を目指す。具体的な協業体制については協議の上決定する。

 

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Contract Research
  • Technology Licensing
  • Supply Agreement
Items to be submitted

提案提出には提案用テンプレート(.docx)をご利用の上、下記の項目の記載をお願いいたします。

  • 提案する技術の概要
  • 血糖値上昇を抑制する成分
    • 原料となる茶種の学名
    • 有効成分(判明している場合)
    • 抽出、加工方法(必要な場合)
  • 提案する技術の独自性
  • 開発ステージ
    (研究レベル/量産検討中/量産済)
  • 血糖値上昇を抑制する根拠
    • 試験方法
    • 試験結果
    • メカニズム
  • 現時点の課題と今後の計画
  • サンプルテスト条件(サンプルが提供できる量、費用、期間、契約条件など)
  • 量産化の見通し
  • 過去の実績(研究論文、特許など、研究開発能力を示せる付加的な情報、等)
  • 組織概要

Area of Interest
Request Priority
Comments