requests-for-proposal

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の新薬候補物質

Request Number REQ4350489J
Due Date October 23, 2017
Request for Proposal Details
RFP Title
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の新薬候補物質
RFP Description

ナインシグマ社は、グローバルな製薬企業を代理して、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の新薬候補物質(低分子化合物および抗体)を求めている。

Background

依頼主は、固形がんや血液がんに対する低分子医薬品や抗体医薬品を提供するなど、研究開発から製造販売までを行う製薬企業である。研究開発においては、がんを重点領域のひとつと位置づけ、治療満足度の低い当該疾患における革新的な新薬創出を目指している。

 

DLBCLはファーストライン治療として、R-CHOP療法(リツキシマブ、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン)が用いられており、一定の奏効率を示しているが、再発や耐性獲得といった課題があり、アンメットメディカルニーズは依然として高い。

 

依頼主は、R-CHOP療法と併用効果が期待される、または、R-CHOP療法に耐性を示す症例へ有効性が期待されるようなDLBCL治療薬の創出を目指している。そこで、依頼主の有する専門性と提案される新薬候補物質を組み合わせることにより、革新的な治療薬を早期に臨床応用することを目指して、この度の募集を行うこととした。

 

プロジェクトの進め方
提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。


依頼主は、提案の一次評価を行い、興味のある提案者への直接コンタクトを開始する。依頼主は、直接コンタクトした提案者と必要に応じて秘密保持契約を締結し、さらなる情報開示を求め、有望性の高い提案者を選定する。

 

依頼主は、有望な提案が得られた場合、提案者とライセンス契約、委託研究契約または共同研究契約を締結する。

 

 

Key Success Criteria

対象とする創薬シーズと求める要件
依頼主は、以下の要件を満たす新薬候補物質を求めている。
 
  • モダリティ:低分子化合物、抗体
  • 以下の2点について、根拠となるデータを有すること
    • R-CHOP療法との併用効果が期待されること、または、R-CHOP療法耐性患者へ有効であること
    • DLBCLの何割に有効性が期待されるか
  • 既存薬と異なる新規メカニズムによるもの
    • ただし、既知のメカニズムであっても、既存薬と明確に差別化可能であれば、対象とする
  • 開発レベル
    • 探索~最適化段階のリード化合物、もしくは非臨床試験段階にある医薬品候補化合物に該当すること
      • 既に候補物質が取得済みであること
      • 作用機序を明確に説明できる必要があり、根拠となるデータを取得済みであることが望ましい
      • in vitro試験にて薬効が確認されていること、動物モデルを用いたin vivo試験にて薬効が確認されていることが望ましい

 

Approaches not of interest

下記のアプローチは今回の募集の対象外とする。

  • 排他性の乏しい既知物質の提案
  • 核酸や細胞など、低分子および抗体以外の候補物質

 

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Contract Research
  • Technology Licensing
Items to be submitted

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。

 

  • 新薬候補物質の概要(作用機序、等)
  • 実施例(薬効薬理、安全性、毒性、薬物動態、等)
  • 現時点の研究開発段階
  • 今後の研究開発計画
  • 協業の形態に関するご要望
  • 提案されるシーズにおける第三者組織との共同研究実績の有無
  • 提案内容に関する知財の状況
  • 研究実績(論文、学会発表等)

 

なお、提案提出には、以下の募集サイトの下部にある“attachments”にリンクされている提案用テンプレートをご利用ください

Area of Interest
Request Priority
Comments