requests-for-proposal

産婦人科関連疾患の新薬候補物質

Request Number REQ9349338J
Due Date September 21, 2017
Request for Proposal Details
RFP Title
産婦人科関連疾患の新薬候補物質
RFP Description

ナインシグマ社は、産婦人科領域を重点領域とする製薬企業を代理し、産婦人科疾患における新薬候補品を求めている。

Background

依頼主では、本領域の創薬研究・臨床開発に強みを有しており、さらなる製品ラインナップやパイプラインの強化に注力している。

 

産婦人科領域の疾患では、アンメットメディカルニーズの高い疾患領域であり、新薬創出への期待は高い。依頼主では、新たな治療選択肢の提供をすべく、いち早い新薬の上市を目指している。

 

そこで、有望な開発候補品を有する外部組織と提携したいと考え、この度の公募を行うこととした。

 

プロジェクトの進め方
提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。


依頼主は、提案の一次評価を行い、興味のある提案者への直接コンタクトを開始する。依頼主は、直接コンタクトした提案者と必要に応じて秘密保持契約を締結し、さらなる情報開示を求め、有望性の高い提案者を選定する。

 

依頼主は、有望な提案が得られた場合、提案者とライセンス契約、委託研究契約または共同研究契約を締結する。

 

 

Key Success Criteria

対象疾患
がんを除く、産婦人科疾患を対象としている。例えば、以下のような疾患を想定しているが、これらに限らず、その他の産婦人科疾患治療薬にも期待している。
  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 子宮筋腫
  • 多嚢胞性卵巣症候群
 
新薬候補物質に求める要件
依頼主は、以下の要件を満たす新薬候補物質を求めている。
  • モダリティ:
    • 低分子化合物、抗体、ペプチド、タンパク質および診断バイオマーカー
  • 既存薬と異なる新規メカニズムによるもの
    • ただし、既知のメカニズムであっても、既存薬と明確に差別化可能であれば、対象とする
  • 高い薬効と安全性が期待できること
    • 安全性については、非臨床試験のデータを有している、もしくは、メカニズムの点で有害事象の可能性が極めて低いと考えられること
  • 開発レベル:
    • 非臨床試験 ~ Phase Iに該当すること
    • 化合物の最適化が終了しており、具体的な候補品を提示可能であること
    • GLP-Tox試験は未実施でも構わない

 

Approaches not of interest

下記の薬剤は今回の募集の対象外とする。
  • がん治療薬の候補物質
  • Phase II以降の開発候補品

 

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Technology Licensing
Items to be submitted

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。
  • 対象疾患
  • 新薬候補物質の概要(モダリティ、投与経路、作用機序、等)
  • 実施例(薬効薬理、安全性、毒性、薬物動態、等)
  • 現時点の研究開発段階
  • 今後の研究開発計画
  • 協業の形態に関するご要望
  • 提案技術に関する知財の状況
  • 研究実績
 
なお、提案提出には、以下の募集サイトの下部にある“attachments”にリンクされている提案用テンプレートをご利用ください
 

Area of Interest
Request Priority
Comments