requests-for-proposal

静粛性の高いモーターを実現する革新的技術

Request Number REQ8354698J
Due Date November 10, 2017
Request for Proposal Details
RFP Title
静粛性の高いモーターを実現する革新的技術
RFP Description

ナインシグマ社は、大手自動車部品メーカーを代理し、静粛性の高い次世代型モーターを実現するために、振動やノイズを大幅に低減できる革新的技術を求めている。

Background

ナインシグマの依頼主である大手自動車部品メーカーは、自動車用モーターの開発・製造を行っている。静粛性の高い自動車の開発のためには、モーターに生じるノイズ・振動や、その源となる電磁加振力を抑制・制御する技術が必須となる。

 

依頼主はこれまでも、細かな設計や部品の見直しなどは継続的に行ってきたが、従来に比べ静粛性の高い次世代型モーター製品の開発へ向け、設計面や制御面を根本的に見直すことのできる技術が必要と考えている。革新的な技術の導入に必要な開発パートナーや知見を幅広く募ることを目的とし、本公募の実施に踏み切った。

 

特に、発生した振動やノイズを緩衝・吸収する対症療法的なアプローチではなく、振動やノイズの発生を根本的・原理的に低減できる次世代技術を対象としている。依頼主はこうした静粛性の高いモーターの開発が、単なる次世代の自動車製品の実現に留まらず、騒音公害の低減など、今後も電動化が進む社会の発展において非常に重要な取り組みであると考えている。

 

Key Success Criteria

適用対象となるモーター

  • 用途:自動車用
  • 種類:永久磁石埋込型同期モーター(IPMSM)
  • 出力:50 – 200 kW
  • トルク:50 – 300 N・m
  • 回転数:0 – 20000 rpm

 

最終的に実現したい技術の概要

駆動時にモーターの径方向・回転方向に発生する電磁加振力を大幅に低減できる技術。電磁加振力の低減により、結果として発生するノイズを低減したいと考えている。

  • ノイズレベルの低減目標:-10 dB程度
  • 対象となるノイズの周波数:400 – 1200 Hz
  • その他の要件:技術の適用により、トルクが小さくならないこと(望ましくは1%減以内)

 

上記はあくまでも依頼主の最終的な実現目標であるため、現在の開発フェーズや適用実績をもつモーターの種類・サイズを問わず、有望な技術を幅広く歓迎している。特に静粛性の高いモーターに資する革新的な設計技術・制御技術に関するアプローチに期待している。

 

想定されるプロジェクトの進め方

提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニングを行う。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を選定する。選定後、依頼主は、サンプルテストなどを通して、技術の確認を行う。選考の過程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的な開発の進め方の議論を行う。

その後、提案者と必要な契約を提携し、技術の実証・追加開発を行い、技術の確立を目指す。具体的な協業体制については協議の上決定する。

 

Possible Approaches

例えば下記のような技術に期待しているが、これらに限らず幅広い提案を歓迎する。

  • 駆動時の電磁加振力を抑制できるハード設計技術

○ モーターの特性に応じたコア形状や極数・スロット数の選択

○ 巻線の配置に関する工夫

○ 新材料の適用

  • 駆動時の電磁加振力を抑制できる制御技術

○ 磁束の制御による駆動条件の最適化

○ 逆位相の振動入力による振動の抑制

  • 駆動時の電磁加振力の伝達を抑制する構造技術

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Contract Research
  • Technology Licensing
Items to be submitted

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。

  • 提案技術の概要・開発の背景・独自性
  • 提案技術の種類(ハード設計技術/制御技術/その他)
  • 開発ステージ(アイデアレベル/シミュレーションレベル/試作レベル/実用化済み)
  • 現在のパフォーマンス
    • 適用可能なモーターの種類・サイズ
    • 提案するモーターの構造
    • 低減可能なノイズレベル
    • 低減可能なノイズの周波数帯
    • 技術の適用によるトルク、サイズ、コストへの影響
  • 特許に関する考え方
  • 最終要件を満たすための課題と今後の開発計画

 

なお、提案提出には、提案用テンプレートを下記URLからダウンロードしてご利用ください。

https://ninesights.ninesigma.com/documents/7799148/17860454/REQ6354515%288354698J%29-Response+Template.docx/d4a5e603-cf4f-4c1e-849f-92f4b66af81c

 

Area of Interest
Request Priority
Comments