requests-for-proposal

水との反応性が高いヒ素化合物の合成技術

Request Number REQ7339832J
Due Date April 6, 2017
Author Seh-Rin Sung
Request for Proposal Details
RFP Title
水との反応性が高いヒ素化合物の合成技術
RFP Description

ナインシグマ社は、グローバルな化学メーカーを代理し、水との反応性が非常に高い加水分解性のヒ素化合物を合成できる技術を求めている。

Background

【背景】

ナインシグマ社の依頼主である化学メーカーは、加水分解性のヒ素素化合物の開発を行っている。しかし、このような化合物は水分との反応性が非常に高く、環境中に存在するわずかな水分とも反応してしまうため、安定的な合成が非常に難しいという課題がある。

 

そこで、この課題を解決し、いち早く有望な合成技術を確立するため、今回の募集に踏み切り、禁水条件での合成反応に知見を有する組織を求めることにした。

水との反応性の高さから、禁水条件での合成反応について知見を有する組織からの提案に期待している(コンセプトレベルの提案でも可)。

 

Key Success Criteria

【求める合成技術の要件】

  • 合成対象の化合物:
    • 3価もしくは5価のヒ素で、下記の置換基を有するもの
      • -OR基(化合物としては、例えばR’nAs(OR)3-n n=0~2など)
      • -NR2基(化合物としては、例えばR’nAs(NR2)3-n n=0~2など)
    • 上記の化合物以外で、加水分解性を有すると想定されるヒ素化合物(置換基の種類などは問わない)
  • 純度:90%以上

今回依頼主が求める化合物は非常に特異的であるため、現時点では生産性や量産性は問わず、原理的に上記のヒ素化合物を合成し得る技術提案を広く歓迎する(コンセプトレベルでも可)。

 

 

Possible Approaches

【提案を期待する組織のイメージ】

  • 既に対象となる化合物の合成に関する実績を有している組織
  • 対象となる化合物の合成実績は有さないものの、以下のような知見を有し、かつ今回の対象物の合成に対して、依頼主と共同での開発に意欲を持つ組織
    • 無機ヒ素化合物や有機ヒ素化合物の合成技術
    • 水との反応性が非常に高いため、禁水条件で合成を行う必要がある化合物の合成技術

 

Preferred Collaboration types
  • Joint Development
  • Technology Licensing
Items to be submitted

【想定されるプロジェクトの進め方】

提案者は添付の提案用テンプレートに沿って提案書を提出する。

依頼主は、はじめに書面による一次スクリーニングを行う。その後、有望な提案に対して追加質問や直接の議論を行い、最終選考に進む候補を選定する。選定後、依頼主は、サンプルテストなどを通して、技術の確認を行う。選考の過程で、必要に応じて提案者と依頼主は秘密保持契約(NDA)を締結し、さらなる情報開示や具体的な開発の進め方の議論を行う。

その後、提案者と必要な契約を締結し、技術の実証・追加開発を行い、技術の確立を目指す。具体的な協業体制については協議の上決定する。期間としては、技術の評価・実証に1年、 量産に向けてのスケールアップに1~2年を想定している。

 

 

【提案書への記載が推奨される事項】

提案書には下記の項目の記載をお願いいたします。

  • 提案技術の概要
  • 開発段階 (コンセプトレベル/ラボレベルで性能を実証済み/実用化済み)
  • ヒ素化合物に関する現状のパフォーマンス
    • 出発物質
    • 合成経路
    • 合成される化合物、ならびにその純度(%)
    • 合成スケール(g)、ならびに収率(%)
  • ヒ素化合物の精製に関する知見の有無(例えば合成時に含まれる金属不純物濃度を削減する方法など)
  • 依頼主が求めるヒ素化合物を合成するための開発計画
  • 希望する協業形態(共同開発/受託開発/技術ライセンシング/その他)
  • 関連する合成技術に関する過去の実績(論文や研究発表など)

 

なお、提案提出には、本募集サイトの下部にある“Attachments”にリンクされている提案用テンプレートをご利用ください

 

Area of Interest
Request Priority
Comments